大阪のミャンマー人たちが軍に抗議デモ
コロナ禍で中止していた活動を3カ月ぶりに再開

  • 2021/7/17

 2021年7月11日、大阪に住む在日ミャンマー人らが中之島公園に集まり、祖国ミャンマーでクーデターを起こした軍に対して1時間ほど抗議の声を上げた後、市内を1時間ほどかけて行進した。

大阪で行われた抗議活動の様子(筆者撮影)

 彼らは、2月1日のクーデター直後から軍への抗議活動を繰り返し行ってきたが、関西地方でもコロナ感染者が増え、緊急事態宣言が発令されたことを受けて、4月から集会の中止を余儀なくされており、3カ月ぶりに大阪市の許可を取得して活動を再開したのだ。

「民主主義をこの手に」と叫ぶデモ参加者(筆者撮影)

 この日、参加したのは20代から60代まで、約60人。初夏の日差しの中、蒸し暑さをものともせず、「民主主義をこの手に」、「ファシストの軍をぶっつぶせ」、「民主政府の指導者らを解放せよ」などと声をそろえて訴え、通りかかった日本人の中には足を止めて見守る姿もあった。

抗議活動を主導したモッモッウーさん(筆者撮影)

 このデモ活動を主導した大阪在住の40代のミャンマー人、モッモッウーさんは、「日本に住む私たちも、祖国でクーデターを起こした軍を決して認めない。その意思を表すために、これからも、できれば毎週、抗議行動を続けたい」と、決意に満ちた表情で語った。

抗議の意思を表す3本指を立てるデモ参加者(筆者撮影)

関連記事

ランキング

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…

ピックアップ記事

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…
ページ上部へ戻る