タイ最大のスラムの立ち退き問題
再開発計画に揺れる人々の行方

  • 2019/8/26

古くて新しい再開発計画

 バンコクには2,067カ所のスラムがあり、210万3,098万人が暮らす(2017年10月末日付、バンコク都庁調べ)。バンコクの5人に1人がスラムで暮らしている計算だ。

 43の地区から成る国内最大のクロントイ・スラムの立ち退き問題は、古くて新しい。発端は、タイ運輸省港湾局が2004年に国営地の再開発計画を策定したことに遡る。その後、政治が不安定でしばらく動きがなかったが、2012年に港湾局が住民代表を招集して再開発計画を説明。2014年にプラユット暫定政権が誕生後は、現在まで約10回にわたり説明会が開かれている。

港湾局が作成しているチラシ。クロントイ・スラムの現在の写真と、立ち退いた住民に提供される予定の高層アパートの予想図が、「スマ―ト コミュニティ」の言葉と共に掲載されている(筆者提供)

 もっとも、軍事政権下では政府批判や政治活動が厳しく制限され、住民やNGO関係者は「銃の前に無力」だったため、反対を唱えることはできず、意見交換も行われなかった。

 さらに、今年1月上旬には地元メディアが「港湾局、スラムの住民のために高層アパ―トを建設」という見出しとともに、立ち退き問題を大きく報道。移転先となる25階建て高層アパ―トの完成予想図や建設予定地も写真入りで掲載した。その後、プラユット首相もクロントイ・スラムを訪れ、立ち退きを求める圧力は着実に高まっていた。

固定ページ:
1

2

3 4

関連記事

ランキング

  1.  ミャンマーで2021年2月1日にクーデターが発生してから、一年以上が経過した。日本ではマスメディア…
  2.  ベトナムの都市部は、朝夕のラッシュ時間のたびにバイクに乗用車、バスに貨物トラックが道路にひしめき合…
  3.  ソロモン諸島と中国の間で締結される見込みの安全保障協定の内容がネット上でリークされ、オーストラリア…

ピックアップ記事

  1.  ミャンマーで2021年2月1日にクーデターが発生してから、一年以上が経過した。日本ではマスメディア…
  2.  ベトナムの都市部は、朝夕のラッシュ時間のたびにバイクに乗用車、バスに貨物トラックが道路にひしめき合…
  3.  ソロモン諸島と中国の間で締結される見込みの安全保障協定の内容がネット上でリークされ、オーストラリア…
ページ上部へ戻る