タイ最大のスラムの立ち退き問題
再開発計画に揺れる人々の行方

  • 2019/8/26

課題残るも進む既成事実化

 とはいえ、立ち退きにあたっては、まだ多くの課題がある。例えば、25階建ての高層アパートは大家族で暮らすには狭い上、行商や屋台などの商いができないため、収入を得られない。また、立ち退きの補償を受けられるのは家の登記証を持つ者だけであり、スラムで部屋を賃貸している者は行き場を失う。さらに、郊外へ移転すると、今の仕事を失うか、通勤費を負担しなければならない。アパートに入れば、隣近所とドアで隔たれ顔を合わせる頻度が減るため、従来の水平な相互扶助のコミュニティー意識が崩壊し、「スラムの高層化」も危惧される。

クロントイ港に隣接する運河沿いに広がるクロントイ・スラム。再開発にともない、この辺り一帯が立ち退きを迫られているが、生活の再建にあたっては多くの課題があり、簡単な問題ではない(筆者撮影)

 クロントイ・スラムの中心部で住民委員委員会の代表をしている男性は、「港湾局の情報が十分ではなく、住民から何か尋ねられても答えられない」と困惑している。政府と港湾局の動きをマスコミが都度、報道するため、クロントイ・スラムの再開発と立ち退き問題が既成事実化しつつある格好だ。

 スラムで活動するわれわれNGOは、貧困下で築かれてきたコミュニティーが今後も続き、人々が安定した仕事を得て、より良い環境で安心して暮らせることを強く望んでいる。

固定ページ:
1 2 3

4

関連記事

ランキング

  1.  ミャンマーで2021年2月1日にクーデターが発生してから、一年以上が経過した。日本ではマスメディア…
  2.  ベトナムの都市部は、朝夕のラッシュ時間のたびにバイクに乗用車、バスに貨物トラックが道路にひしめき合…
  3.  ソロモン諸島と中国の間で締結される見込みの安全保障協定の内容がネット上でリークされ、オーストラリア…

ピックアップ記事

  1.  ミャンマーで2021年2月1日にクーデターが発生してから、一年以上が経過した。日本ではマスメディア…
  2.  ベトナムの都市部は、朝夕のラッシュ時間のたびにバイクに乗用車、バスに貨物トラックが道路にひしめき合…
  3.  ソロモン諸島と中国の間で締結される見込みの安全保障協定の内容がネット上でリークされ、オーストラリア…
ページ上部へ戻る