ミャンマーの連邦議会が2008年憲法の改正案を否決
地元紙は「スーチー氏側と国軍側の双方が敗北」と報道

  • 2020/3/27

 ミャンマーの連邦議会が、アウンサンスーチー国家顧問兼外相の大統領就任を阻むなどしている2008年憲法の改正案を審議し、ほぼすべてを否決した。ミャンマーの地元紙「セブンデイ・デイリー」は3月23日付の社説でこれを取り上げ、関係者すべての敗北だと指摘。教訓をくみ取るように求めている。

ミャンマーの首都・ネピドーに建つ国会議事堂

「国軍は国民の支持を得る機会を失った」

 ミャンマーの2008年憲法は、軍事政権下で制定されたもので、民主化の扉を開くと同時に、国会の25%を国軍司令官の指名枠とするなど、国軍に大きな権限を付与している。また、外国籍の親族がいる人物の大統領就任ができないと定めており、当時野党指導者だったアウンサンスーチー氏の2人の息子が英国籍であることから、スーチー氏の大統領就任を阻んでいる。このため、スーチー氏が実質的に率いる国民民主連盟(NLD)は、同憲法には民主化勢力の政権支配を阻む目的があると主張し、その改正を主要な政策目標としている。ただ、ミャンマーでは、憲法を改正するには全議員の75%以上の賛成が必要となっており、国軍議員の一部が賛成に回らない限り改正できないため、事実上、その実現は非常に困難になっている。

 3月中旬に開かれた連邦議会では、合計135の改正点が審議されたが、NLDが提起した国軍任命議員の枠を段階的に縮小するなどの改正案は、国軍任命議員や国軍派の連邦団結発展党(USDP)の反対によって否決された。

 これについてセブンデイ・デイリー紙は、「NLDの改正案を国軍が反対して否決したとはいえ、この結果は必ずしも国軍が勝利したことを意味するわけではない」と指摘。その上で、インドネシアでかつて段階的に軍部の権限が弱められた例を挙げ、「国民の支持を得る機会を失ったという意味で、国軍にとっても敗北だった」と論評している。さらに、「国を改革することを決断する国軍が求められている」と述べ、国軍は今回の憲法改正に応え、自らの権力を一部、放棄すべきだったと主張した。

NLDの指導力にも疑問を呈する

 その一方で、同紙は、改正案を上程したNLD政権についても、「国軍と前もって協議し、同意を取り付けることができなかった」と批判。「戦略や指導力に疑問符を付けざるを得ない」とすら述べている。

 そのうえで、社説は、「ミャンマーの諸問題の源泉は2008年憲法にある」と断言。すでにその制定から12年が経過していることから、「改正は、時期尚早どころか、むしろ遅すぎるぐらいだ」として、早期の改正の実現を求めた。

 

ミャンマー語原文

https://7day.news/%E1%80%A1%E1%80%9B%E1%80%BE%E1%80%AF%E1%80%B6%E1%80%B8%E1%80%99%E1%80%BE-%E1%80%9E%E1%80%84%E1%80%BA%E1%80%81%E1%80%94%E1%80%BA%E1%80%B8%E1%80%85%E1%80%AC—–182300?fbclid=IwAR3fDZGaUVxKigRYx7q1yRmnkTQrjDRDKcKH-CniLh8ZeXsfi_3FrecBCzE

 

関連記事

ランキング

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…

ピックアップ記事

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…
ページ上部へ戻る