ネパールが余剰電力をインドへ売電
地元英字紙がクリーンエネルギーの可能性に期待

  • 2021/11/30

 自動車など世界のさまざまな業界で、クリーンエネルギーとしての電化が注目されている。ネパールは、長く計画停電に苦しんできたが、最近ではその状況が改善され、インドに売電できるまでになっているという。11月4日付のネパールの英字紙カトマンドゥポストでは、社説でこの問題を採り上げた。

(c) Samrat Maharjan / Pexels

1日18時間におよぶ停電

 社説によれば、2017年までネパールでは停電がよく起きており、時には1日18時間も停電が続くことがあったが、最近は改善されつつあり、人々は疑心暗鬼ながらもその変化を歓迎しているという。社説は「2016年にクルマン・ギシンがネパール電力公社の代表に任命され、ネパール電力庁の停電スケジュールに合わせて生活していた人々は改善を期待したが、ネパールを暗闇から救い出すことは容易ではなかった」と振り返ったうえで、「しかし1年も経たないうちに改善の兆しが見えるきた」と指摘する。
 「計画停電に慣れてしまった人々は、数カ月の間、計画停電が一度もない状況に最初は面食らい、どうせまたすぐに元に戻るだろうと思われていた。しかしネパールは、2021年に入ってから余剰エネルギーがある状態が続いており、政府は国民に電気をもっと使うようにすすめている。電力規制委員会は11月17日より電力料金を引き下げることを決定した。ネパールは長きにわたり第三国からのガスや石油製品に依存していたが、世界がクリーンエネルギーを渇望している中、自前で電力を調達できるようになったことは喜ばしい。化石燃料への依存を最小限に抑えることができれば、国の財政への負担も軽減される」

「暗闇から光の場所へ」

 さらにネパールは、インドへの売電を開始する計画だ。社説は「ネパールにとって大きな隣国であるインドは、経済活動に必要なエネルギーが不足している。ネパールは、エネルギー供給国としてこの機会を逃してはならない」と指摘した上で、「粘り強い交渉が奏功し、インド電力公社はネパールの水力ダムから39メガワットの電気を購入することを決定した」と伝えている。
 英国・グラスゴーで11月12日まで開かれていた気候変動会議「COP26」では、気候変動の悪化を踏まえて各国が環境対策を宣言した。社説は「ネパールはクリーンエネルギーを産出しており、他国よりアドバンテージがある」との見方を示し、化石燃料に依存しない新たなシナリオを歓迎した上で、次のように呼びかける。
 「ネパールの人々は、電化の普及を歓迎している。世界で電気自動車が主流となれば、ネパールは充電スタンドの建設にも対応できる。タイミングよく世界が変わりつつある。より良い明日に向かって、暗闇から歩き出そう」
 ネパールの人々は「良いことは長続きしない」という悲観的な考えにすっかり慣らされていたが、「クリーンエネルギー」という宝物を手にしていた。あとはそれをどのように賢く利用するか。新しいシナリオには、新しい考え方が必要だ。

 

(原文:https://kathmandupost.com/editorial/2021/11/04/from-darkness-to-light-1636022081)

関連記事

ランキング

  1.  「ミャンマーを忘れないで」。10月8日、タイのバンコク芸術文化センターの一角に、若きミャンマー人の…
  2.  16の州から成る連邦制をとるドイツには地域ごとに独自の歴史と文化があり、異なる行政体の下でそれぞれ…
  3.  昨年2月のミャンマーの軍事クーデター後に抗議活動に参加して当局に追われる身となり、現在も国境地帯に…

ピックアップ記事

  1.  「ミャンマーを忘れないで」。10月8日、タイのバンコク芸術文化センターの一角に、若きミャンマー人の…
  2.  16の州から成る連邦制をとるドイツには地域ごとに独自の歴史と文化があり、異なる行政体の下でそれぞれ…
  3.  昨年2月のミャンマーの軍事クーデター後に抗議活動に参加して当局に追われる身となり、現在も国境地帯に…
ページ上部へ戻る