カテゴリー:ミャンマー

    「5年前の総選挙」

       
    【編集部注:】 アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝した2015年の総選挙。長く現地を知る筆者は、あの日、市民が希望と期待に沸き意気揚々と一…

    「Flash Strike ダベイッ」

       
    【編集部注:】 4月11日の夜、ミャンマーでフラッシュライト・ストライキが実施され、暗闇に15分間、スマートフォンや懐中電灯の灯りが輝いたそうです。モバイ…

    「勇気」

       
    【編集部注:】 市民への弾圧が強まるミャンマーで、それでもなんとかして抗議の意思を示そうとする若者たちと、取り締まりに目を光らせ、人々に恐怖を植え付けようとす…

    「金も信用できない」

       
    【編集部注:】 水祭りの大型連休前の最後の営業日、ヤンゴン市内の銀行前に長蛇の列ができました。ここでは、政府への強い不信感から市民らは現紙幣よりドルや金などの…

    「ミャンマーの今を伝えるCNNの報道」

       
    【編集部注:】 ミャンマー情勢が悪化するなか、軍が4月上旬、CNNに国内取材を許可しました。ここでは取材をコントロールしようとした軍に行動を制限される中でも、…

    「死ぬよりも怖いこと」

       
    【編集部注:】 軍の弾圧によりすでに650人以上の市民が犠牲になったミャンマー。それでも抗議の声を挙げ続ける人々の肉声を伝える動画とFacebook投稿をご紹…

    「フラインタヤーへの支援活動に同行した」

       
    【編集部注:】 クーデター後、多くの工場が操業を停止したために生活が困窮している工場労働者たちを支援しようという動きがあるそうです。軍に見つかると拘束されるリ…

    「約束されていた未来をとりもどすために」

       
    【編集部注:】 銃声やシュプレヒコールが減り、パダウの花が咲いたヤンゴン。しかし、一見、穏やかに見える街のあちこちにある「非日常」こそ、人々の不屈の信念の表れ…

    「それでも春は来る」

       
    【編集部注:】 新しい民主主義国家を建設するための「ビルマの春革命」が続く中、今年もパダウの花が咲きました。一斉に咲き、数日で散ってしまう儚い花を、ミャンマー…

    「1日1便のヤンゴン環状線」

       
    【編集部注:】 ヤンゴンで最近、環状線が運行されているそうです。ほとんどの鉄道職員がCDM(不服従運動)に参加している中、一般乗客が乗っていない列車が走ってい…

ピックアップ記事

  1. 2021-10-20

    ケニア社会に残る結婚持参金と交渉人

    人生で最も重要なイベントの一つである結婚。しかし、結婚には、幸せの象徴としての側面だけではなく、とて…
  2. 2021-10-17

    権力に抵抗するミャンマーの表現者たち

     クーデターが発生して8カ月あまりが経過したミャンマー。日本での報道が少なくなりつつある中、現地の情…
  3. 2021-10-15

    「命が危ない」アフガン人救出プロジェクトが始動

     アメリカのジョー・バイデン大統領は8月末、トランプ前政権が2020年2月にタリバンと交わした和平合…
  4. 2021-9-29

    米中対決の舞台となった国連総会

     米中対立の先鋭化に伴い、国際社会の枠組みが大きく変わろうとしている。米英豪が事実上の軍事同盟である…
ページ上部へ戻る