カテゴリー:ミャンマー

    「抵抗運動の歌(和訳)」

       
    【編集部注】 軍の弾圧が熾烈化し、抗議活動も難しくなりつつあるミャンマーで、若者たちがデモの時に歌う歌があるといいます。ここでは、老若男女に愛される「Yo…

    「銃口で動く列車」

       
    【編集部注】 クーデターに抗議し、ミャンマー全土で公務員を中心に不服従運動が続く中、しばらく運行していなかった列車が、昨日、ヤンゴン市内を走ったそうです。物流…

    「帰ってきたデモ隊」

       
    【編集部注】 軍の弾圧が激しさを増し、しばらく下火になっていた若者たちの抗議活動が、散発的に再開しているようです。ここでは、今朝、早くに行われたデモの様子を伝…

    「見せかけの、穏やかな日常」

       
    【編集部注】 激化する軍の武力行使によって、表立った抗議行動が行えなくなっているヤンゴン。バリケードもシュプレヒコールもなくなり、一見、穏やかさが戻ってきたよ…

    「サイレント・ストライキ当日」

       
    【編集部注】 3月24日、外出を一切控えて抗議の意志を示す「サイレント・ストライキ」当日のヤンゴン市内の様子を伝えるFacebook投稿をご紹介します。 ~…

    「彼らには考える頭がない」

       
    【編集部より】 非暴力、非武装の市民に対する武力弾圧が激しさを増し、幼い子どもや妊婦が銃撃され亡くなるケースも相次いでいます。ここでは、こうした現状について家…

    「サイレント・ストライキ」

       
    【編集部注】 弾圧が強まり、街中での抗議活動がどんどん制限される中、今日3月24日、ヤンゴンでサイレント・ストライキが行われています。ここでは、その前夜、計画…

    「未来が見えない」

       
    【編集部注】 クーデターから1カ月半以上が経った3月中旬、住民たちが今の気持ちや困窮する生活を訴える動画がFacebookに投稿されました。 ~ 以下、Fa…

    「軍の標的になったサンチャウン」

       
    【編集部注】 若者の街とも言われるヤンゴンのサンチャウン地区。今月上旬には、多数のデモ隊がこの一角に追い込まれ惨事が懸念されました。ここでは、この街の今の…

    「恐怖」

       
    【編集部注】  軍事クーデターに抗議する市民やメディアへの弾圧や暴力が強まっています。デモに参加していない人々が突然、銃で撃たれて亡くなったり、夜間に自宅に押…

ピックアップ記事

  1. 2021-11-25

    【ミャンマー】半年拘束の米国人記者は「勘違い」逮捕か

     ミャンマーで拘束されていた米国人ジャーナリストのダニー・フェンスター氏が11月15日、約6カ月ぶり…
  2. 2021-11-8

    人権問題の噴出で中国の一帯一路が破綻目前

     先日、ウォールストリートジャーナルやドイチェ・ベレ(ドイツ国際放送)が、一帯一路関連事業の劣悪な環…
  3. 2021-10-26

    技術革新がもたらしたデジタル植民地主義

     途上国の開発において、データはどのように用いられるべきか。世界銀行グループが今年3月に報告書『生活…
  4. 2021-10-23

    アフガン撤退で問われる欧州の安全保障政策

     8月15日に首都カブールが陥落し、全土がタリバンによって制圧されたアフガニスタン。混乱の中で関係者…
ページ上部へ戻る