カテゴリー:ミャンマー

    「ニャダベイッ(夜の抗議)」

       
    【編集部注】 弾圧の余りの厳しさから、市民たちは夜間外出令の中、亡くなった仲間のためにろうそくを灯して追悼したり、抗議の声を挙げたりするようになりました。ここ…

    「 民主主義を取り戻すまで」

       
    【編集部注】 軍の弾圧が強権化する中、危険をおしてデモ隊の先頭に立つ若者の思いとは。ここでは、仲間をために戦い続ける勇敢な若者の肉声をご紹介します。  ~ …

    「見せかけの平穏」

       
    【編集部注】 軍による弾圧が一層強権化しているミャンマー。最大都市ヤンゴンでは、軍や警察の混成部隊が、時に市民を銃で脅しながら、急ピッチでバリケードの撤去作業…

    「卑劣」

       
    【編集部注】 アジア各国の新聞の社説や論説記事などを取り上げ、その背景や解説をまじえて紹介しつつ地元への理解を深める「現地の論調」(*現在は、「報道を読む」)…

    ミャンマー・クーデター「それでも私はデモに行く」

       
     軍事クーデターの発生から1カ月半が経つミャンマーで、自由と民主主義を求めるデモ隊への弾圧が熾烈を極めている。毎日のように多くの市民が凶弾に倒れ、暴力行為ととも…

    【ミャンマー・クーデター現地ルポ3】不服従の祈り続く

       
     新型コロナウイルス対策として、10カ月にわたり封鎖されていたミャンマー最大都市ヤンゴンのシュエダゴン・パゴダ。2月8日に拝観が許可されたはずのパゴダに参拝する…

    【ミャンマー・クーデタ―現地ルポ2】 ヤンゴン一触即発 

       
     ミャンマー国軍によるクーデターから7日目の2月7日、クーデターに反対する市民らが大規模なデモなど抗議行動に発展している。6日ごろから街頭でのデモが本格化。ヤン…

    【ミャンマー・クーデター現地ルポ】「スーチー母さんの安全を」

       
    騒音で軍に抗議  「アウンサンスーチー母さんの安全を願う」。  2月1日にミャンマーで勃発した国軍のクーデターに対して、翌2日の夜8時、ヤンゴン市民が一斉に…

ピックアップ記事

  1. 2021-10-20

    ケニア社会に残る結婚持参金と交渉人

    人生で最も重要なイベントの一つである結婚。しかし、結婚には、幸せの象徴としての側面だけではなく、とて…
  2. 2021-10-17

    権力に抵抗するミャンマーの表現者たち

     クーデターが発生して8カ月あまりが経過したミャンマー。日本での報道が少なくなりつつある中、現地の情…
  3. 2021-10-15

    「命が危ない」アフガン人救出プロジェクトが始動

     アメリカのジョー・バイデン大統領は8月末、トランプ前政権が2020年2月にタリバンと交わした和平合…
  4. 2021-9-29

    米中対決の舞台となった国連総会

     米中対立の先鋭化に伴い、国際社会の枠組みが大きく変わろうとしている。米英豪が事実上の軍事同盟である…
ページ上部へ戻る