カテゴリー:ミャンマー

    「ミャンマーの今を伝えるCNNの報道」

       
    【編集部注:】 ミャンマー情勢が悪化するなか、軍が4月上旬、CNNに国内取材を許可しました。ここでは取材をコントロールしようとした軍に行動を制限される中でも、…

    「死ぬよりも怖いこと」

       
    【編集部注:】 軍の弾圧によりすでに650人以上の市民が犠牲になったミャンマー。それでも抗議の声を挙げ続ける人々の肉声を伝える動画とFacebook投稿をご紹…

    「フラインタヤーへの支援活動に同行した」

       
    【編集部注:】 クーデター後、多くの工場が操業を停止したために生活が困窮している工場労働者たちを支援しようという動きがあるそうです。軍に見つかると拘束されるリ…

    「約束されていた未来をとりもどすために」

       
    【編集部注:】 銃声やシュプレヒコールが減り、パダウの花が咲いたヤンゴン。しかし、一見、穏やかに見える街のあちこちにある「非日常」こそ、人々の不屈の信念の表れ…

    「それでも春は来る」

       
    【編集部注:】 新しい民主主義国家を建設するための「ビルマの春革命」が続く中、今年もパダウの花が咲きました。一斉に咲き、数日で散ってしまう儚い花を、ミャンマー…

    「1日1便のヤンゴン環状線」

       
    【編集部注:】 ヤンゴンで最近、環状線が運行されているそうです。ほとんどの鉄道職員がCDM(不服従運動)に参加している中、一般乗客が乗っていない列車が走ってい…

    「2021年4月5日(月)5日、5時、5分間」

       
    【編集部注:】 雨に濡れる色とりどりの花や木々の葉が美しいヤンゴンの路地。 一見平和に見える街角で、4月5日の夕方、拍手が沸き起こったそうです。  周囲を警…

    「市場に漂うパダウの香り」

       
    【編集部注:】 ヤンゴンで今年もパダウの花が咲いたようです。ここでは、いつものように花を飾る人々の様子とともに、この先のこの国の長い道のりに思いを馳せて新たな…

    「卵に描かれた想い」

       
    【編集部注:】 キリスト教の復活祭にあたる4月4日、ミャンマーに住むクリスチャンをはじめ、多くの人々が「民主的な国として復活しなければならない」という想いを込…

    「戦いの中の不思議な現象」

       
    【編集部注:】 例年に比べ、今年は夏の訪れを告げる雨がずいぶん早く降ったそうです。 ヤンゴンの街に降り注ぐ雨の様子を伝えるFacebook動画をご紹介します…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-12

    「命の危険にさらされ続けてもミャンマーの真実を伝え続ける」

     かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その拠点となるオランダ・アム…
  2. 2024-6-28

    頼清徳・台湾新総統が就任一カ月で直面する苦悩

     台湾の頼清徳政権が正式にスタートして一カ月あまり。非党派・非営利団体・財団法人・シンク…
  3. 2024-6-20

    【歩く・見る・撮る】― 写真民俗誌/民族誌へのいざない ―

    ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4. 2024-6-10

    バイデン政権のガザ対応と米大統領選の行方

     パレスチナ自治区を拠点とするイスラム組織ハマスが2023年10月にイスラエルを攻撃し、1200人以…
ページ上部へ戻る