中国の一帯一路と対ラオス鉄道支援
メコンを渡る国際列車に乗って考えたこと

  • 2019/10/9

中国からラオス、タイ、シンガポールへ

 そんなラオスで、現在、二本目となる鉄道の建設が進んでいる。「中老鉄路」だ。中国の「一帯一路」政策の下で計画された中国・昆明からラオス、タイを経由し、シンガポールに至る高速鉄道計画のうち、ラオス国内の417キロを指す。中国国境の街ボーテンと、首都ビエンチャンを結ぶ区間である。

新たに建設される中老鉄度のビエンチャン駅の予定地(筆者撮影)

 中老鉄路の総工費は、60億ドル。海を持たない内陸国ラオスにとって、悲願とも言える本格的な鉄道だ。工事費の7割を中国が、3割をラオスが支出し、開業後の事業主体も両国の合弁会社になるという。2021年12月2日のラオス建国記念日に開業しようと、工期5年の突貫作業が進んでいる。

ビエンチャン郊外で中老鉄路の建設が進む。施工主は中国企業(筆者撮影)

 中国への依存も懸念される。

 建設工事が佳境を迎えている今年9月、ビエンチャン郊外のドンルン地区を訪れた。ここに高速鉄道のビエンチャン駅が建設されるという。今は田園が広がり、中国語で「中老鉄路」「中鉄ニ局」と書かれた看板がぽつんと立っているだけだが、レールが敷かれ、最高速度が時速160キロの旅客鉄道と、120キロの貨物鉄道が走るようになれば、現在、バスで1日以上かかるボーテンからビエンチャンまでの所要時間が、3~4時間に短縮されるという。時速160キロが「高速」かどうかは意見が分かれるところだが、計画に際し、ラオス側が高速鉄道にこだわったと言われている。

中老鉄路の建設めぐる懸念材料

 しかし、中老鉄路の建設工事は一筋縄ではいかない。ボーテンとビエンチャンの間は山が多く、トンネルを75カ所に掘り、橋梁を167カ所に架ける必要があるためだ。総延長距離の6割がトンネルと橋梁に相当するため、自然環境への影響も甚大だ。

中国の対ラオス支援は、鉄道や道路などのインフラだけではない。写真は、ラオス国立大学の敷地内に建てられた孔子学院。中国は各国にこうした孔子学院を建設し、中国語教育などを行っている(筆者撮影)

 

 実際、中国企業の建設現場を訪れた時、駅の建設予定地や、全417キロにわたる線路の両側50メートルの土地の使用権が、中国とラオスの合弁企業に半永久的に付与されると耳にした。

固定ページ:
1

2

3 4

関連記事

ランキング

  1.  2024年1月13日に行われた台湾総統選では、与党民進党の頼清徳候補(現副総統)が得票率40%で当…
  2.  突然、電話がかかってきたかと思えば、中国語で「こちらは中国大使館です。あなたの口座が違法資金洗浄に…
  3.  最後の音が鳴り響いて消えると、わずかな間を置いて、客席から熱い拍手が湧き起こった。ステージ上では、…

ピックアップ記事

  1.  2024年1月13日に行われた台湾総統選では、与党民進党の頼清徳候補(現副総統)が得票率40%で当…
  2.  突然、電話がかかってきたかと思えば、中国語で「こちらは中国大使館です。あなたの口座が違法資金洗浄に…
  3.  最後の音が鳴り響いて消えると、わずかな間を置いて、客席から熱い拍手が湧き起こった。ステージ上では、…
ページ上部へ戻る