ヤンゴンで相次ぐ不審火と住民の消火活動
鎮火後に到着した消防車と武装警察

  • 2021/4/10

 ミャンマーの最大都市ヤンゴン北部にあるインセイン郡区で、3月23日未明、住宅から突如、出火した。原因は明らかになっていないが、このところヤンゴンの各地で不審火が相次いでいる。不審火には、刑務所から釈放された受刑者らが放火しているという説や、怒った住民が火をつけたとする見方、あるいは、国軍側が住民を脅すためにやっているのではと言う者まで、さまざまな説があるが、実際のところは、捜査すべき警察が信頼されていないため、事実関係は闇の中だ。

燃え上がるインセイン郡区の住宅(筆者撮影)

 

 近隣住民らが、火を消し止めようと消火活動にあたった。自宅から水を入れたバケツを運んだり、協力してホースを運び、モーターがある遠くの家までつないだりして水を調達。100人以上が必死に何らかの作業を手伝った。

火を消すためにホースを運ぶ近隣住民(筆者撮影)

 

 住民は消火作業中に、「団結するか」「団結だ!」と声を掛け合いながら、バケツを運んだ。火が出た住宅は空き屋で、けが人はいなかったという。

100人以上の住民が消火活動に参加した(筆者撮影)

 

 そして、ほぼ鎮火したあとに、消防車が到着。そのあとすぐに武装警察も到着した。それを見た住民たちは、「火が消えた後に来たね」と言いながら、それぞれその場から離れていった。

燃える住宅を消化しようとする住民ら(筆者撮影)

 

関連記事

ランキング

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…

ピックアップ記事

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…
ページ上部へ戻る