次の未知なるウイルスに備えるアジア諸国
新型コロナウイルス対策が残した教訓と課題

  • 2023/4/2

 新型コロナの感染拡大は、世界中の国々にさまざまな教訓を残した。アジア各紙は、自国の対策を振り返りつつ、次のウイルス感染症の発生に対して「備えを怠るな」と呼びかける。

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界の国々にさまざまな教訓を残した (c) Anton Uniqueton /pexels

シンガポールの対策を分析した『白書』の内容

 シンガポールの英字紙ストレーツタイムズは3月9日付の紙面で「次のパンデミックに備える」と題した社説を掲載した。

 社説は新型コロナの感染拡大を「国家存亡の危機ともいえる事態だった」と振り返る。そして、シンガポール政府が3月8日に発表した白書『新型コロナ:次なるパンデミックへの教訓』について取り上げた。

 社説によると、白書では、移民労働者の寮における早期の対策が取られなかったことや、国境警備の強化をもっと積極的にするべきだったこと、マスク着用についての政府見解が明快ではなかったことなどが課題として挙げられている。その一方で、それらの失策をカバーできた要因として、医療システムが強靭であったこと、ワクチン接種の全国キャンペーンが成功したこと、日常に必要な物資が確保され、教育は継続され、政府と国民とのコミュニケーションも確保されていたことを評価する。

 社説は、「シンガポール社会が新型コロナの危機によって分断されることもなく、国家の結束が脅かされることはなかった」と結論付けた。しかし、「この白書の分析が、次なるパンデミックに適用できるかどうかは分からない」と警告する。「なぜなら、次のウイルスは全く違うものになる可能性がある」からだという。新たなパンデミックにも柔軟に対応するためには、政府が公衆衛生に関する専門知識をさらに蓄積する必要がある、と社説は主張している。

隣国の感染再拡大を受け強靭な対策を求めるパキスタン紙

 パキスタンの英字紙ドーンは3月20日付で、「新型コロナの脅威」と題する社説を掲載した。

 社説によると、パキスタン政府は最近、混雑した公共の場所や医療施設ではマスクを着用するように勧告したという。これについて、社説は「世界的にワクチン接種が広がり、その効果が上がってきているが、ウイルスの脅威はまだ終わっていないということだ」と警鐘を鳴らす。

 さらに社説は、パキスタン国内にとどまらず、近隣諸国の状況にも警戒し続ける必要がある、と指摘する。というのも、「インドでは感染者が増えつつあり、ネパールでも政府が注意を促している」からだ。

 ウイルスが容易に国境を越える現代の感染症対策について、社説は次のように主張している。

 「パキスタンのような開発途上国を含め、世界の国々がさまざまな危機に直面した。医療分野の予算がよりひっ迫する中にあっても、新型コロナ対策に妥協が許されないことを各国政府は知るべきだ。相互の結び付きがますます深まるこの世界で、1つの国の失敗はすべての国の新型コロナ対策の成果を覆すことになりかねない」

インド紙はウイルスの新たな機能獲得の研究禁止を訴え

 インドの英字紙、タイムズオブインディアは3月13日付の社説で、「新型コロナの始まりを見つける:中国は責任を持たなくてはならない。ウイルスの危険な機能獲得研究を禁止しなくてはならない」と論じた。

 社説は、世界保健機関(WHO)が「新型コロナの起源をたどることは科学的にも道徳的にも必要だ」と主張したことは正しかった、と評価した。社説によれば、この発言は、アメリカが「中国の研究室から新型コロナの感染が始まった可能性が高い」と報告したことを受けて出されたものだという。

 社説は、「もし研究室からのウイルス流出が事実なら、新型コロナは壮大な人災だ」として、中国側がその調査を拒み続けていることを批判した。さらに、「今後、ウイルスの遺伝子変異などによって新たな機能を獲得させるような研究を禁止する国際的なコンセンサスが必要だ」と社説は主張する。ウイルスに次々と機能を獲得させることによって、生物兵器すら創造し得るためだ。

                 *

 新型コロナウイルスの感染拡大の起源を明らかにし、将来の流行に備える。グローバル化によって相互に強くつながり合う世界で、目には見えないウイルスへの対策はこれからも続く。

 

(原文)

シンガポール:

https://www.straitstimes.com/opinion/st-editorial/preparing-for-the-next-pandemic

 

パキスタン:

https://www.dawn.com/news/1743145/covid-19-threat

 

インド:

https://timesofindia.indiatimes.com/blogs/toi-editorials/find-covid-origin-china-must-be-held-accountable-also-ban-dangerous-gain-of-function-research-on-viruses/

関連記事

ランキング

  1.  2024年1月13日に行われた台湾総統選では、与党民進党の頼清徳候補(現副総統)が得票率40%で当…
  2.  突然、電話がかかってきたかと思えば、中国語で「こちらは中国大使館です。あなたの口座が違法資金洗浄に…
  3.  最後の音が鳴り響いて消えると、わずかな間を置いて、客席から熱い拍手が湧き起こった。ステージ上では、…

ピックアップ記事

  1.  2024年1月13日に行われた台湾総統選では、与党民進党の頼清徳候補(現副総統)が得票率40%で当…
  2.  突然、電話がかかってきたかと思えば、中国語で「こちらは中国大使館です。あなたの口座が違法資金洗浄に…
  3.  最後の音が鳴り響いて消えると、わずかな間を置いて、客席から熱い拍手が湧き起こった。ステージ上では、…
ページ上部へ戻る