カテゴリー:コラムニスト

    コロナ禍と強制立ち退きに揺れる米国社会

       
     新型コロナウイルス感染拡大を受け実施された都市封鎖(ロックダウン)で経済が減速した米国。この影響で仕事を失ったり収入が減ったりした数百万単位の人々が、家賃や住…

    米国でワクチンナショナリズムの見直し進む

       
     新型コロナウイルスによる新規感染者数と死者数が高止まりする米国で、ワクチン接種が始まって1カ月が経った。世界で最もコロナ被害が深刻な国の一つである同国でワクチ…

    ケニアの家政婦たちが直面する苦境

       
     世界各国で感染拡大が続く新型コロナウイルス。特に、サブサハラアフリカの非正規就労者たちの生活に与える影響は深刻だ。感染対策の下で雇い止めが相次ぐ彼女たちの苦境…

    野生動物の守護者たち(ケニア)

       
    (c)山形豪 ケニア、マサイマラ国立保護区のレンジャーたちは、密猟者を追跡・逮捕するために探知犬の力を借りている。彼らが日々厳しい訓練とパトロールを重ねる…

    中国がアフリカと「一帯一路」共同建設に合意

       
     中国新華社によると、中国の国家発展改革委員会の何立峰主任はこのほど、アフリカ連合(AU)委員会のムーサ・ファキ委員長と「中華人民共和国政府とアフリカ連合の『一…

    ザンジバル島の夕暮れ(タンザニア)

       
    (c)桜木奈央子 静かな海に太陽が沈み、ストーンタウンの灯がひとつずつ増えていく、日曜日の夕暮れ。…

    バイデン次期米大統領の対外援助政策を読む

       
     米国で2021年1月の新政権発足をにらんだ政権移行が本格始動し、米国の対外援助政策の行方に注目が集まっている。米国第一主義を掲げ対外援助を軽視してきたドナルド…

    都市化が進むケニアで消えゆく奇習

       
     ケニアの農村部には、古くから伝えられる言い伝えや風習が数多く残っている。「ナイトランナー」もその一つだ。呪術の使い手と呼ぶ者から、夜の守護者と呼ぶ者まで、見方…

    3カ月ぶりに市中感染のベトナムがイベントシーズンに突入

       
    11月30日夜、ホーチミン市内で新型コロナウイルスの感染者が2人確認されたと一報が流れた。感染したのは、ベトナム航空の客室乗務員とその友人だという。ベトナムでは…

    ラテンアメリカの「今」を届ける 第4回

       
     どんな障害があっても、自分で決めた人生を送る権利は誰にでもある。その思いに国境はない。  介助者のサポートを受けることで、障害者が自立した生活を送る「自立生…

ピックアップ記事

  1. 2021-4-26

    中国の「パックスシニカ」に翻弄される世界

     中国政府は4月18日から21日、海南省で「博鰲(ボーアオ)フォーラム」を開催した。これは、「中国版…
  2. 2021-4-17

    「まず知ってほしい」在日ミャンマー人たちの願い

    2021年2月1日に起きたクーデターに抗議する市民への弾圧が強硬化しているミャンマー。恐怖を植え付け…
  3. 2021-4-13

    北京五輪ボイコット論と米国の本気度

    中国の占領下にある東トルキスタン(中国側の呼称は「新疆ウイグル自治区」)で起きているウイグル人の大量…
  4. 2021-4-12

    親日の映画監督も収監中 【ミャンマー・クーデター現地ルポ4】

     2月のクーデター以降の国軍の市民への弾圧の犠牲者が600人を超え、泥沼化しているミャンマー。死者の…
  5. 2021-3-28

    ケニアの農村で高まるワクチンへの期待と不安

     新型コロナウイルスの感染拡大によって一変した世界。かつてない状況に各国ともさまざまな対応を迫られて…
ページ上部へ戻る