イランから広がる「スカーフデモ」と米国社会
西海岸を中心に市民から大統領まで沸き上がる抗議の声

  • 2022/11/1

それでも崩壊しない体制

 このように、米国内のイラン当局への抗議活動は、草の根から大統領に至るまで盛り上がっている。イランに対する米国民の関心も、近年になく高まっている。政府間で行われる核合意交渉や原油価格といった抽象的なテーマではなく、若い女性が権威主義的な政権の手によって殺されたという認識が、一般の人たちの心を揺さぶったからであろう。

アミーニーさんの死に触発された芸術作品。道のりは険しくとも、イランの人々の自由を求める闘いは続く(c) Alex Shams

 さらに、アミーニーさんの死後40日が経っても関心の低下が見られず、米国内の抗議活動が大規模に続いていることも異例だ。
 しかし、デモの参加者からは、半ばあきらめの声も聞こえてくる。44年前にイランを後にし、今回、ロサンゼルスで抗議行進に参加していた女性のショーヘレー氏は、「事態が変わることを期待している。だが、頭と心のどこかで、どうせ何も変わらないと思っている自分がいる」と、心情を吐露した。
 1979年の革命以来、多くの反体制活動家が希望のある新イランを夢見て闘ってきたが、体制は今日までびくともしなかった。今回の「アミーニー事件」では、デモがイラン国内にとどまらず、米国をはじめ世界各国に拡散したうえ、持続している。その意味では大きな前進だと言ってよいだろう。
 だが、この先の道もまだまだ遠いことは事実だ。イランの人々、そして国外のイラン人やイラン系の人々の自由を求める活動は、今後も根気よく続いていくと思われる。

 

固定ページ:
1

2

関連記事

ランキング

  1.  「ミャンマーを忘れないで」。10月8日、タイのバンコク芸術文化センターの一角に、若きミャンマー人の…
  2.  16の州から成る連邦制をとるドイツには地域ごとに独自の歴史と文化があり、異なる行政体の下でそれぞれ…
  3.  昨年2月のミャンマーの軍事クーデター後に抗議活動に参加して当局に追われる身となり、現在も国境地帯に…

ピックアップ記事

  1.  「ミャンマーを忘れないで」。10月8日、タイのバンコク芸術文化センターの一角に、若きミャンマー人の…
  2.  16の州から成る連邦制をとるドイツには地域ごとに独自の歴史と文化があり、異なる行政体の下でそれぞれ…
  3.  昨年2月のミャンマーの軍事クーデター後に抗議活動に参加して当局に追われる身となり、現在も国境地帯に…
ページ上部へ戻る