迫害の日々からドイツへ ― 再び希望を見出したロヒンギャの写真家
人権のない暮らしから写真で道を切り拓いた若者のストーリー

  • 2021/5/30

ミャンマーで起きたクーデターへの思い

 今年2月1日にミャンマーで起きたクーデターには、強いショックを受けた。市民が攻撃され、街が破壊されていくのを見るのは非常に悲しかった。アザド氏は、「ロヒンギャは迫害され続けましたが、僕たちはすべてのビルマ人が悪いわけではないことを知っていますし、僕自身、ビルマ人の友達もいます」と力を込めた上で、「クーデターを起こしたのは、私たちロヒンギャから住まいや尊厳、アイデンティティを奪い、100万人以上を難民にした軍隊です。私は今、この危機にミャンマーにいることはできませんが、頭も魂も常にミャンマーと共にあり、応援していることをミャンマーにいるビルマ人の友達に伝えました」と話す。

ロヒンギャとして民主主義を求め、クーデターへの反対を続けている(アザド氏提供)

 ソーシャルメディアなどで見られる市民の抗議活動の様子にも感銘を受けている。「軍がロヒンギャの虐殺をしたときに立ち上がらなかったことや、ロヒンギャを誤解していたことについて人々が謝ってくれたことに感謝しています。私もロヒンギャとして軍に反対する市民に連帯を示すとともに、連邦議会代表委員会(CRPH)や若い世代が民主主義のために共に戦ってくれることを望んでいます」。アザド氏は、希望を込めてそう語った。

 

 

固定ページ:
1

2

関連記事

ランキング

  1.  ミャンマーでクーデターが発生して10月1日で8カ月。現地では、抗議する市民への厳しい弾圧が今なお続…
  2.  8月15日のカブール陥落以来、混乱の続くアフガニスタン。アフガニスタンに派兵していた国々を中心に、…
  3.  タリバンによるカブール陥落のニュースは、世界を震撼させた。国外脱出を求めて空港に押し寄せたアフガニ…

ピックアップ記事

  1.  ミャンマーでクーデターが発生して10月1日で8カ月。現地では、抗議する市民への厳しい弾圧が今なお続…
  2.  8月15日のカブール陥落以来、混乱の続くアフガニスタン。アフガニスタンに派兵していた国々を中心に、…
  3.  タリバンによるカブール陥落のニュースは、世界を震撼させた。国外脱出を求めて空港に押し寄せたアフガニ…
ページ上部へ戻る