ASEAN外相会合、ミャンマー軍を厳しく批判
議長国カンボジアのフン・セン首相には分かれる評価

  • 2022/8/20

 ミャンマーを含む10カ国からなる東南アジア諸国連合(ASEAN)は8月3日、カンボジアの首都プノンペンで外相会合を開いた。外相会議や、それに続くASEAN地域フォーラム(ARF)、対話パートナー国との協議など一連の会議では、米国のナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問などで緊張が高まった台湾海峡の情勢や、ウクライナ情勢に加え、ミャンマー問題も討議された。

第55回ASEAN外相会議(55th AMM)の開会にあたりオープニングスピーチを行うカンボジアのフンセン首相(2022年8月3日撮影)(c) AP/アフロ

「対立」に舵を切ったと評価するインドネシアの論説

 ミャンマーでは2021年2月に国軍がクーデターにより実権を握ったまま、1年半以上が経過した。反対する市民を弾圧する軍により、これまで2000人以上の人々が命を奪われたという。また、ASEAN外相会議の直前、7月25日には、元国会議員らを含む4人の民主活動家の死刑が執行された。
 ASEANは2021年4月、ミャンマー国軍との間で事態の正常化に向け、暴力の即時停止などを含む5項目を合意している。また、ASEAN議長国の外相を特使として対話の窓口を設けてきたが、いずれの項目にも進展がみられない。
 インドネシアの英字紙ジャカルタポストは、同紙編集委員による記事で、ASEAN議長国であるカンボジアのフン・セン首相の、今回のASEAN外相会合における姿勢を評価した。「フン・セン首相は驚くべきことにミャンマー軍に立ち向かった」と題したその記事では、軍寄りだと思われていたフン・セン首相が軍を批判する姿勢に転じたことを、驚きつつ歓迎している。
 「会合の冒頭で、フン・セン首相は『ASEAN加盟国は、私や他の人々から再考を求める要請があったにもかかわらず、死刑が執行されたことに深く失望し、混乱している』と述べた。また、会議後の共同声明では、フン・セン首相の取り組みを評価した上で、ASEAN首脳会議でミャンマー軍への対応について見直すことが盛り込まれた」
 ASEAN加盟国内には、ミャンマーを除外することを求める声も上がっている。しかし、その一方で、タイのプラユット首相のように、ASEANの方針に反対しないまでも、ミャンマー軍との絶対的な対立を避ける首脳もいる、と同紙は指摘する。その中で、フン・セン首相が「対立」に舵を切ったことについて、「ASEAN加盟国間のミャンマー問題に対する結束を固めるための道を開いた。ASEANにとって歴史的な一歩となるかもしれない」と、筆者は高く評価している。
 ASEANの2023年の議長国はインドネシアだ。インドネシアはミャンマー軍に対して厳しい姿勢をとっており、記事では、フン・セン首相がこのまま強硬路線を続けていけば、インドネシアはその路線を引き継ぐことができる、としている。
 フン・セン首相が今後も国軍に対して強硬姿勢を維持するのかどうかは不透明だが、それ以前に、ミャンマー軍がASEANを離れ、孤立する道を選ぶ可能性もゼロではない。全会一致、内政不干渉を原則としてきたASEANは、今、これまでにないほど深刻な岐路に立っていると言えるだろう。

マレーシアの社説は「手を打てていない」と批判

 一方、同じASEAN外相会合について、マレーシアの英字メディア・ニューストレイツタイムズは8月7日付の紙面で「燃えさかるミャンマーに手を打てないASEAN」という社説を掲載した。
 マレーシアは、「ミャンマーのASEAN加盟国資格を停止せよ」と強く主張する国の一つであり、同紙もこの考え方を支持している。したがって、マレーシアから見れば、前述のフン・セン首相が見せた対立姿勢など、柔和なものだ。同紙は、フン・セン首相が今年1月にミャンマーを訪れ、軍を率いるミン・アウン・フライン司令官と会談したことについて、「まるでASEANが軍を正式な政権と認めたかのような行為」だと指摘。「フン・セン首相はミャンマー訪問について、『木を植えるために行くのであり、木を伐採するために行くのではない』と述べたが、ミャンマーの司令官は、フン・セン氏が植えた木を切り倒してしまったではないか」と、皮肉たっぷりに記した。

 外相会合の共同声明には、「除外」という言葉は盛り込まれなかったが、同紙は「正常化プロセスの見直し」という表現が、今後、ミャンマーの加盟国資格の一時停止を示唆するものだと見ているようだ。とはいえ、加盟国すべての足並みがそろっているわけではない。インドネシア紙が高く評価するような「一枚岩」の対応でまとまると考えるのは、楽観的すぎるだろう。

 

(原文)
インドネシア:
https://www.thejakartapost.com/opinion/2022/08/05/pm-hun-sen-surprisingly-stands-up-to-myanmar-generals.html

 

マレーシア:
https://www.nst.com.my/opinion/leaders/2022/08/820047/nst-leader-asean-talks-myanmar-burns

関連記事

ランキング

  1.  米連邦最高裁判所は6月24日、「人工妊娠中絶は憲法で保障された権利である」と認定した1973年の「…
  2.  中国は4月19日、南太平洋のソロモン諸島と安全保障協定を締結し、中国共産党の習近平・中央軍事委員会…
  3.  国際社会における安全保障の枠組みが大きく変わってきた。この夏は、特に南太平洋が熱い。米国は、軍事プ…

ピックアップ記事

  1.  米連邦最高裁判所は6月24日、「人工妊娠中絶は憲法で保障された権利である」と認定した1973年の「…
  2.  中国は4月19日、南太平洋のソロモン諸島と安全保障協定を締結し、中国共産党の習近平・中央軍事委員会…
  3.  国際社会における安全保障の枠組みが大きく変わってきた。この夏は、特に南太平洋が熱い。米国は、軍事プ…
ページ上部へ戻る