トルコ・シリア大地震 南アジアへの教訓とは
人命を救うために、今、しなければならないこと

  • 2023/2/27

 トルコ南東部のシリア国境で2月6日未明に発生した、マグニチュード7.8の大地震。2月半ば現在、犠牲者は2万4,000人を超え、被害はさらに広がるものとみられている。世界各国から救援の手が差し伸べられているが、紛争下にあるシリア側の支援状況は、特に懸念される。アジア各国はトルコ・シリア地震をどう受け止め、どのような教訓を得ているのだろうか。

大地震後の直後、トルコのアンタキヤにて、被災した建物の前を歩く女性たち(2023年2月17日撮影)(c) ロイター/アフロ

迅速な支援を実施したパキスタン

 パキスタンの英字紙ドーンは2月8日付紙面で、「たいへんな悲劇」と題してたトルコ・シリア大地震に関する社説を掲載した。

 それによると、「倒壊した建物の瓦礫の下から生存者を救出するために救助隊が懸命に努力する姿は、人類の深い悲劇を物語っている。トルコとシリアの人々は今もなお、この自然災害による破壊の中で、大切な人たちを探し続けている。そしてパキスタンは、困難な局面にある彼らを支えようとしている」と、被災地の人々に心を寄せる。

パキスタン政府は、地震が発生した日の夜には、救助の専門家、捜索犬、医療チーム、30床の移動病院、テントなどを乗せた「最初の救援便」をトルコに派遣。さらにその翌日には、医療者や救急隊員のチームを派遣した。今後も、医薬品や生活必需品の追加支援を実施する予定だという。

社説は、「パキスタンが引き続き、トルコとシリア両国に対して必要な物資を支援することが望まれる。特にシリアは10年以上にわたる戦争で壊滅的な打撃を受けており、復興への支援が一層必要だ」と、シリアに向けた支援の必要性を強調した。

他人事ではない地震大国のバングラデシュ

 バングラデシュの英字紙デイリースター紙も、2月10日付で「国際社会は被災者への支援を強化せよ」と訴える社説を掲載した。

 社説は、こうした大規模災害時には「人類は一丸となって行動しなくてはならない」と述べ、世界中が被災者救援のために協力すべきだと主張する。そして、「バングラデシュ政府も必要な訓練を受けた救助隊をトルコに派遣しており、他国からも支援が集まっている」と、支援の現状を説明した。そのうえで、「紛争が絶えないシリアへの救援チームの派遣には、いまだ困難が残る」と、シリアに対する支援の難しさに言及し、「だが、このような悲劇のもとでは、人命を救うことを最優先の目的として行動しなくてはならない」と、改めて訴えた。

 また社説は、バングラデシュ自体が、地震多発地帯に位置していることを指摘し、「トルコ・シリアの悲劇は、私たち自身の地震に対する弱さも思い起こさせた。もし、同じような規模の地震が発生した場合、その被害は未曽有のものになり、最大30万人が死亡するとも言われている」と、述べた。また、今回の地震でも指摘されている違法建築に関する問題についても懸念も呈し、次のように呼びかけた。「私たちは必要な備えをしてきたのだろうか。トルコ・シリアの経験から教訓を得る時が来ている」

違法建築に警鐘を鳴らすインド

 バングラデシュと同じように、「違法建築」に着目したのが、インドの英字メディア、タイムズ・オブ・インディアだ。同紙は2月8日付紙面で、「違法建築によって被害が甚大化した。インドでも建築基準を見直さなければならない」という社説を掲載した。

 社説によれば、「インドの国土の約59%は地震に見舞われる可能性がある」という。また、インドには耐震建築の基準を定めた法律が存在するが、それを遵守させるための法律がない、と指摘する。「デリーでは、強い地震が起きた場合には90%の建物が倒壊する危険性がある」というのに、違法建築を摘発する仕組みが不十分だ、というのだ。

 社説は、「耐震建築にするためには、住宅で総工費の3~4%、オフィスで2~3%のコストがかかる」と説明し、それは「人命を守るためには相応のコストだ」との見方を示す。そのうえで、「建築ガイドラインの認知を広め、遵守することを義務化する必要がある。地震は予知できなくとも、人命の損失を最小限にする対策は最優先に取り組むべき課題だ」と、主張している。

 

(原文)

インド:https://timesofindia.indiatimes.com/blogs/toi-editorials/quake-up-call-turkiye-syria-impact-magnified-by-poor-construction-india-must-ensure-building-codes-are-followed/

パキスタン:https://www.dawn.com/news/1735920/a-grave-tragedy

バングラデシュ:https://www.thedailystar.net/opinion/editorial/news/world-must-ramp-support-quake-victims-3243926

 

関連記事

ランキング

  1.  2024年1月13日に行われた台湾総統選では、与党民進党の頼清徳候補(現副総統)が得票率40%で当…
  2.  突然、電話がかかってきたかと思えば、中国語で「こちらは中国大使館です。あなたの口座が違法資金洗浄に…
  3.  最後の音が鳴り響いて消えると、わずかな間を置いて、客席から熱い拍手が湧き起こった。ステージ上では、…

ピックアップ記事

  1.  2024年1月13日に行われた台湾総統選では、与党民進党の頼清徳候補(現副総統)が得票率40%で当…
  2.  突然、電話がかかってきたかと思えば、中国語で「こちらは中国大使館です。あなたの口座が違法資金洗浄に…
  3.  最後の音が鳴り響いて消えると、わずかな間を置いて、客席から熱い拍手が湧き起こった。ステージ上では、…
ページ上部へ戻る